墓じまいの費用

墓じまい

墓じまいの費用がどれぐらいかかるかということは、

とても大切なことで、費用がかかりすぎるからと諦める方もおられます。

お墓を壊すだけだから大してかからないだろう、と誰もが思うのですが、

実際に見積もりを見てびっくりということが、よくあるのです。

墓じまいをするということは、

特にお寺にとっては檀家を離れる離檀という問題に直面し、

お布施や寄付が減ってしまうことにつながりますので、

なるべく檀家が減るということは避けたいもので、

やむを得ない場合の措置として、永代供養をすすめる訳ですが、

これが、大抵は高級車が一台買えるほどの値段なのです。

また別途離檀料も必要なことがあり、お墓の撤去の費用も合わせると

莫大な額となり、金銭的なことでお寺の墓じまいが一番トラブルが多いのです。

また、お寺の場合には、出入りの石屋が決められていて、

高い見積もりでも泣く泣く頼んでしまうということもあります。

公営の霊園の場合には、意外と書類上の手続きだけで簡単に進み、

石材店の指定も無い場合が多いので、

見積もりを比較することが可能です。

墓じまいの費用は一般的に1㎡あたり10万円程度と言われていますが、

これには作業の基本料金が含まれていますので、面積が大きくなれば

面積あたりのプラス料金としてはだんだんと下がるのが普通です。

例えば1㎡で10万円なら、3㎡で25万円という感じです。

しかし、これも基本的な作業で済む場合のことで、実際には

階段があったり、通路が狭かったり、駐車場からお墓までの距離が

遠かったりすると加算されていきます。

最低料金で済む作業とは

クレーン車横付け

お墓にクレーン車が横付け出来て、解体しながらクレーンで石を積み込む

ことが出来る場合です。よく整備された霊園では、お墓の横まで車を入れる

ことが出来るようになっていますので、石屋さんにとって、人夫も少なく、

半日程度で仕事が終わります。

塀越しでも可で、他のお墓をまたぐことなく、クレーンのアームが

伸びる範囲内であれば、墓じまいは半日程度で終了します。

料金が加算される場合とは

クレーン車が横付けすることが出来ないために、

カニクレーンや運搬車などの機材を使う場合にはやや高くなり、

通路が狭くて機材が入らず、多くの人夫が必要な場合には

かなり高くなってしまいます。料金が加算される場合の

一例を解説いたします。

カニクレーンを使う場合

カニクレーン 墓じまい

カニが足を広げたようなクレーンで、足を折りたためば

狭い所でも入っていき、重量物を楽々と吊り上げます。

クレーン車が入らない所で、幅1メートルぐらいの通路があれば

入っていけます。少しぐらいの段差なら乗り越えますが、

階段や急な坂は通行出来ません

運搬車を使う場合

運搬車

運搬車は幅が80cm程度で、狭い通路も通りますので、

写真のように石を満載して運ぶことが出来ます。

少しぐらいの段差なら乗り越えますが、階段や急な坂は

通行出来ません。

基礎に鉄筋がある場合

納骨室

地下部分の納骨室に太い鉄筋が入っていることがあり、

鉄筋を切りながらコンクリートを割っていくために、

意外と困難な作業になったりします。

養生が必要な場合

墓じまいの養生

養生とは、通路や他のお墓に傷を付けないように板などで保護することです。

引越し業者がエレベーターや通路に傷防止のカバーを付けますよね。

墓じまいでは、どの作業でも他のお墓に傷を付けないように養生をしますが、

狭い通路が長かったりすると、場合によっては通路全体に養生が

なこともあります。

コンパネという板を立てかけたり敷いたりして保護し、

石材を地面に置く時には木の棒を下に敷きます。

毛布などで保護することもあります。

機械が全く入らない場合

人手による墓じまい

通路が狭かったり、階段があったりして機械が全く入らない場合には

人手による解体と運搬となります。お墓の面積が広くなれば

人手もたくさん必要になり、時間がかかる作業となります。

全て人手による作業の場合が最も料金が高くなってしまいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ