墓じまいの流れ

墓じまい

お墓を解体、処分する墓じまいの流れについて解説いたします。

お墓と言っても公営の霊園や民間の霊園、寺院の霊園などがあり、

それぞれに手続きが違ってきます。

いずれの場合も受入先がないと墓じまい出来ないような仕組みになっていますので、

受入先を一番最初に決めておく必要があります。

公営や民間の霊園の墓じまい

公営や民間の霊園の場合には、受入先さえ決まっていれば

比較的スムーズにいくことが多いです。

 

受入先に受入証明書を発行してもらう

お墓の管理者にお墓の解約、撤去申請

受理

石屋の見積もり(下見をしてもらわないと正確な金額は出ません)

石屋を決定

工事日を決定

工事届けを霊園に提出(石屋)

工事日の前に 抜魂読経供養や鎮魂供養、お祈りなどをしてお遺骨の取り出し
この日は石屋も立ち会って墓石を開けてもらい、遺骨を取り出します

お墓の撤去工事

整地

霊園事務所に報告

霊園に現地確認してもらう

市役所に届出を提出

完了

寺院の墓じまい

寺院の場合には檀家を離れる「離檀」という問題があるために、

簡単にはいきません。特に先祖代々からの檀家ならば、

相当に困難が予想されます。お寺との話し合いも一回では無理で、

根気よく交渉し続けることが必要です。

 

お寺の住職に墓じまいの打診

離檀も含めた話し合い

話し合い成立

離檀、お墓の解約、撤去申請

受理

石屋の見積もり(下見をしてもらわないと正確な金額は出ません)

石屋を決定

工事日を決定

工事届けを提出(石屋)

工事日の前に住職に 抜魂読経供養をしてもらい、お遺骨の取り出し
この日は石屋も立ち会って墓石を開けてもらい、遺骨を取り出します
お寺にはお布施、石屋には謝礼が必要です

お墓の撤去工事

整地

お寺に報告

お寺に現地確認してもらう

市役所に届出を提出

完了

サブコンテンツ

このページの先頭へ