墓じまいについて

お墓

墓じまいとは、お墓を閉まって解体、処分することで、

「墓じまい」、「お墓じまい」、「廃墓」などと言われています。

お墓の引越しの時にも解体しますが、解体した石を引越し先で組み立てるのが

引越しで、解体した石を廃棄するのが墓じまいです。

お墓の引越しはよくあることで、

家の引越しと共にお墓の引越しを行うというパターンです。

お墓の引越しは正当な理由として、引越し元や引越し先も快く了解して

くれますが、墓じまいは引越し先が決まらないと

了解してくれないことがよくあります。

そもそもお墓とは、墓地を借りて墓石を建て、故人様の遺骨を

入れているだけのことで、墓地の借地権を返して墓石を処分し、

更地に戻せば、故人様の遺骨は自分の家に持ち帰っても、

何の問題もないのですが、霊園に提出する書類としては、

「改葬届」しかないのが現状で、引越しすることしか考えていないので、

必ず引越し先を書く必要があります。

「廃墓届」という書類は存在しません。

引越し先にしても、霊園などの施設ではOKですが、自宅ではダメなのです。

墓じまいをして散骨するような方法は、近年になって増えてきた方法なので、

霊園としては、このような方法には全く対応出来ていないのが現状です。

最初から霊園などに預けなくて、自宅に遺骨を置いていれば、

引越し先にお遺骨を一緒に持っていくだけのことなのですが、

霊園などに一旦預けてしまうと、面倒なことになってしまうのです。

お墓というものは、引き継ぐ者がいないと分かっていたら

作るべきではありません。

自宅にお遺骨があることに違和感を感じるようであれば、

霊園の一時預かりで預かってもらうのが良いと思います。

一時預かりはお墓と違って、解約してお遺骨を自宅に持って帰ることが

簡単に出来ます。

墓じまいは、墓石を解体して処分するだけのように思っている方が

おられますが、最も大切なことは、中に入っているお遺骨の扱いなのです。

お墓の遺骨

お遺骨は、扱いとしては「物」ですが、祭祀権という問題があり、

お遺骨を管理する人は故人様の後継者として、財産分与などに

影響しますので、無用なトラブルを避けるためにも

書類上の手続きが必要となるのです。

お墓の継承者

昔の家制度の延長として、このようなシステムが残っていることには

疑問を感じるところですが、すぐに変わるようなことはないと思います。

やすらか庵ではお遺骨の「受入先」として一時預かりし、

「受入証明書」も発行できますので、墓じまいが

スムーズにいくのです。

遺骨のお預かり

サブコンテンツ

このページの先頭へ