お墓の歴史

縄文時代

わが国では縄文時代から死者を埋葬する習慣があり、住居の集落の

一画に伸展葬か屈葬の姿で埋葬し、死者に悪い霊が取り憑いて、

悪さをしないよう、石を抱かせたりしていました。

弥生時代になると甕棺(かめかん)、木棺(もっかん)、

石棺(せっかん)などに遺体を納め、埋葬されるようになりました。

古墳時代に入ると、巨大な古墳が数多くつくられるようになり、

大きな力を持った支配者が、競ってその権力を誇示するために巨大化していきました。

代表的なお墓は、大阪にある仁徳天皇陵の前方後円墳です。

仁徳天皇陵

しかし、大きなお墓を作るには、多くの民衆を長期間作業に従事させることが

必要で、民衆の生活を圧迫するようになりました。

その後、大化の改新で「簿葬令(ぼそうれい)」という詔(みことのり)が出され、

墳墓(ふんぼ)の規模や葬儀の儀礼を簡素にし、

身分ごとにお墓の規模や工事に携わる人数、

工期日数また葬具などを細かく規定したことで、墳墓の巨大化に

歯止めがかかりました。

しかし、一般民衆のお墓はというと、共同の埋葬地に土葬をし、

その上に盛り土をしたり、手頃な石を置いたり、木の杭を建てた簡素な墓でした。

平安時代に入ってからは、墓石が平安時代の貴族や高僧の墓に見られるようになります。

鎌倉・室町時代には仏教が広く普及し、

戒名や位牌(いはい)などの習慣も取り入れられました。

五輪の塔

この頃の日本のお墓の形は「五輪塔(ごりんとう)」と呼ばれるもので、

五輪とは仏教では宇宙のすべてを形成する五大元素(地・水・火・風・空)を指し、

人が亡くなると肉体は五大要素に還るという教えを形にしています。

現在、多く使用されている一般的なお墓の形である角柱の三段墓は、

江戸時代中期から普及した形です。

江戸時代になると檀家制度が敷かれ、先祖に対する仏事が生活の中に定着し、

庶民の仏教に対する信仰が確立しました。

檀家制度はお寺が民衆を管理する制度でもあったために、

寺院と民衆との繋がりは密接なものでした。

明治維新により、檀家制度は法律上での根拠を失いますが、

庶民とお寺の結びつきは強く引き継がれたまま現在に至っています。

明治時代以降は地方から都市への人口が集中したことで、

東京の青山霊園をはじめ、大正時代には多磨墓地など

都会向けの大規模な団地に合わせて大きな霊園も造られるようになりました。

大規模霊園

お墓の歴史から見ると、土葬や風葬の時代が長く、火葬が普及して

お遺骨を壷に入れてお墓に納めるようになったのは

昭和30年頃で、つい最近の出来事なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ